東京都八王子市「大腸がん検診率向上」SIB事業 ケーススタディ

東京都八王子市の大腸がん検診・精密検査受診率向上SIB事業に
出資から事業実施までをトータルサポート。

PFS・SIB 行政との連携事業

市内の大腸がん検診対象者に対して受診勧奨を実施し、受診率向上や精密検査受診率向上を目指し、SIBが導入されました。
SIIFは、このプロジェクトに出資するとともに、事業組成段階においては成果指標や社会的インパクト評価方法の設計、支払い条件や資金調達方法の検討を行いました。

大腸がん検診・精密検査受診率向上事業の概要

社会的課題及びその背景

科学的根拠に基づくがん検診は、住民の死亡率を減少させ、かつ、検診を受診するメリットがデメリットを上回り、国の指針により実施が推奨されています。大腸がん検診もその1つに位置付けられ、八王子市においても、様々な受診勧奨を実施し、新規・継続受診者の確保に努めています。一方で、未受診、不定期受診者層への対策が課題となっており、また、大腸がんの精密検査受診率は 80%前後で推移しており、国の目標値 90%に近づける必要があります。
また、義務的・固定的経費が膨らむ地方公共団体の財政において、医療費の削減、また、予算の適正な執行により、財源を確保し、他の行政サービスに展開していく必要があります。

事業名
大腸がん検診・精密検査受診率向上事業
事業費(契約金等)
9,762千円
事業期間
平成29年度(3年案)
目指す成果
目指す成果 大腸がんの早期発見・早期治療による市民の健康寿命の延伸、また、市民・行政双方にとって、医療費負担の抑制を目指しています。
SIIFの役割
<投資家として>
資金提供
<中間支援組成として>
事業組成段階:成果指標や社会的インパクト評価方法、支払い条件、資金調達方法等の検討の支援

関連URL・資料ダウンロード

八王子市役所ウェブサイト