「新しいフィランソロピー」の情報発信を始めます フィランソロピー トピックス

SIIFの藤田&小柴です。

インパクト志向のお金の流れで社会課題解決やイノベーションが起こる社会の実現をめざすSIIFで、個人が取り組む「新しいフィランソロピー」活動の支援事業を行っています。

「新しいフィランソロピー」とは、

・課題の構造からの変化を目指し
・寄付から投融資までの柔軟な資金支援を行い
・社会に与えるインパクトを重視する

社会貢献活動を示す言葉として、私たちが名付けたものです。

日本に、「気軽に」「本気で」「楽しく」社会を変える活動が、溢れんばかりに生まれることを目指して、フィランソロピーの実践者や、金融機関、弁護士、会計士等の士業の方々等と共に活動しています。

藤田は、長年プライベートバンキングで仕事をしてきた経験を通じて、富裕層や起業家の、資金と熱意とビジネスの視点を、日本の社会課題解決にもっと活かせるのではないかと考えていました。
小柴は、日本のNPOや米国で財団などの非営利組織でのインターンシップを通じて、善意のお金が、誰もが知っているような有名な財団やNPOばかりに向かう現実を見て、社会に良い活動をしている様々な団体や社会的企業にお金が回る仕組みを作りたい、と考えていました。

これから、この場で、社会をよりよく変えていきたいと考えられる皆様にお役に立つと思われる情報を発信していきます。
国内外で、驚くような方法と迅速さで、社会を変える活動が起こっています。そのような情報を、皆様のフィランソロピー活動の参考にしていただければと思います。

どうぞ、ご意見や素敵なアイデアなど、皆様の声をお寄せください。みなさんと、「新しいフィランソロピー」のエコシステムを作っていけたらと願っています。(philanthropy@siif.or.jp