多様な働き方・生き方を創造し、
働く人を支える仕組みの充実を目指す「はたらくFUND」
ケーススタディ

邦銀グループとSIIFの協働で設立した
外部投資家参加型インパクト投資ファンド。少高齢化、労働人口の減少は
「多様な働き方・生き方の創造」で変えていく。

インパクト投資

はたらくFUND

「はたらくFUND」は、日本ではまだ事例の少ない外部投資家参加型インパクト投資ファンドとして、邦銀グループとSIIFの協働により設立されました。少子高齢化、労働人口の減少といった喫緊の社会課題に着目し、「働く人」を中心に様々なライフイベントを経ながら「働き続けられる」環境づくりを行う企業に投資します。長期的に創出を目指す社会的な変化(インパクト)を「多様な働き方・生き方の創造」と定め、投資先を通じて、子育てや介護などのケアの領域と働き方や次世代人材育成などのワークの領域において、社会における「働く人を支える仕組み」の充実を目指します。

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)
*変化を起こすための予想図

評価プロセス

出資先紹介

ライフイズテック株式会社

「中高生一人ひとりの可能性を最大限伸ばす」をミッションに掲げ、中高生のプログラミング知識・スキルの習得に留まらず、社会の課題解決をリー ドする人材として必要な能力の創出を重視したITプログラミング教育を提供しています。

「ライフイズテック」ウェブサイトはこちら

ユニファ株式会社

「家族の幸せをかなえる新しい社会インフラを世界中で作り出す」をパーパス(存在意義)とし、AIやIoTなどの最新テクノロジーを活用しながら、保育施設の労働環境の改善と保育の質の向上を推進。より豊かな社会の実現とSDGsへの貢献を目指しています。

「ユニファ」ウェブサイトはこちら

担当者メッセージ

事業本部長 菅野 文美

日本ではまだ数少ない、機関投資家が参加でき、経済的リターンと社会的リターン両立型の本格的なインパクト投資ファンドを作りたい。私たちの考えを、新生銀行グループ、みずほ銀行という日本を代表する金融機関と協働させていただくことで実現できました。さらに、社会的インパクトやSDGsを重点に位置づける金融機関等にご参画いただき、また事業の社会的価値を維持・拡大したいと願うベンチャーからのお問い合わせも多く、インパクト投資への関心の高まりを日々実感しています。インパクト投資の肝は、社会的インパクト評価・マネジメントです。2019年度は、投資先事業の社会的インパクト評価や、投資家向けインパクトレポート作成等の実践を通じて、社会的インパクト評価・マネジメントのモデル構築の礎を築きました。今後も、本格的なインパクト投資ファンドのモデル構築に貢献できるよう研鑽を重ねたいと思います。

事業本部長 菅野 文美

SIIF公式ブログ