休眠預金活用事業「地域活性化ソーシャルビジネス成長支援事業」 ケーススタディ

地域で活用されていない多様な資源を再活性化し、
インパクトが持続的に創出されるエコシステムを形成する休眠預金活用事業の「資金分配団体」として
ソーシャルビジネスを支援。

インパクト投資

休眠預金等活用法に基づき、2009年1月1日以降10年以上取引のない預金等(休眠預金等)を、社会課題の解決や民間公益活動の促進のために活用する制度が2019年度から始まりました。SIIFは、「資金分配団体」として採択され、「地域活性化ソーシャルビジネス成長支援事業~インパクトが持続的に創出されるエコシステム形成~」を実施します。人口減少や少子高齢化の進展による地域社会の活力低下を解決するために、地域で活用されていない様々な資源を再活性化させることで地域社会の核となるソーシャルビジネスを支援します。

体制図

担当者メッセージ

インパクト・オフィサー
小笠原 由佳

休眠預金の資金分配団体に手を挙げた目的は2つあります。1つは、休眠預金を「試行的・革新的な取り組みに使う」という基本方針に共鳴し、実行団体とともに伴走支援として一緒に走りたいと考えたこと、そして、休眠預金の活用に「出資」というスタイルを持ち込めないかと考えたからです。休眠預金プロジェクトでは、地域に眠る資源を可視化して、それらを活用して得られた社会的インパクトを測り、事業収益を得ながら持続的に社会的インパクトを創出する、という一連の仕組み作りを意識しています。地域に根付いた革新的なソーシャルベンチャーを育てることで持続的に社会的インパクトを創出することができるのではないかと考え、信金中央金庫と包括連携協定を結びました。助成金を出して終わりではなく、それを肥料として事業が育ち、持続的に成長していくこと、将来的に休眠預金に依存しない事業を育成することを目指しています。

インパクト・オフィサー
小笠原 由佳

関連URL・資料ダウンロード

日本民間公益活動連携機構(JANPIA)のウェブサイト。

75の申請団体からご応募をいただきました。

SIIF公式ブログ