公共セクターのパラダイムシフトPFS・SIB 事業テーマ

活動概要

PFS・SIBは公共サービスをより成果志向に変革していくことを目的とした新しい仕組みです。
SIIFは日本におけるPFS・SIB導入をリードしてきた立場として、モデル案件の組成だけでなく、
知見の共有や政策提言を通じて公助のパラダイムシフトを目指しています。

PFS・SIBとは

PFS (Pay For Success)・SIB (Social Impact Bond)

成果連動型民間委託契約(PFS)とは事業の成果に連動して、委託料の最終支払い額が決まる、民間への行政サービスの業務委託契約です。SIB (Social Impact Bond) は、民間からの外部資金調達を伴う成果連動型民間委託契約を指します。2019年時点でこれまでにイギリス・アメリカを中心に海外で137件が組成され、累積投資額は約408億円に達しています。対象分野は、就労支援、生活困窮者支援やヘルスケア分野など、社会的課題解決を必要としている分野を中心に多岐にわたります。

国内動向

2017年に兵庫県神戸市および東京都八王子市で組成されたものが初の本格的な事業で、
2019年時点で全国の地方自治体を中心に20件程度のPFS・SIBの事業が組成され、
累積投資額は約9億円に達しています。組成された20件の事業のうち、
SIIFは、3件の組成支援と8件の資金提供を行いました

SIBに関するレポート作成

SIIFは三菱UFJリサーチ&コンサルティングの協力のもと、SIBに関する2本の報告書をWEBで一般公開しています。

ケーススタディ

5つの戦略